構造物・鉄筋の再現 構造物・鉄筋の再現
背景が青く表示された場合は読み込みエラーとなります。恐れ入りますが、F5キーを押していただいた後、再度読み込みで解決する場合がございますのでご了承ください。
鉄筋サンプルへ

従来の構造物の問題点

従来では2Dの図面から、平面図・立面図・断面図を組み合わせて、職人の経験を基に施工が進められて来ました。しかしながら、いざ現場で組み立てを進めていくと図面と整合性が取れない部分が出てくることもあり、予期せぬタイムロスや計画の変更なども生じてきます。特に近年では耐震性の強化や、景観への配慮から複雑なデザインの構造物も増加傾向にあります。工事に関わる全ての関係者が正確に把握する為にも、視覚的に一目で分かる3次元視点のモデルが求められてきています。

3次元化による効果

近年では建築・土木施工の分野に3D化の流れが徐々に浸透し始め「成果物の視覚化」「工程によるシミュレーション」などのデジタルを活用した取り組みが進められています。設計段階から3Dを活用したシミュレーションを行い「配筋の干渉状況」や「図面との整合性」、「部材の過不足」を施工前に確認することが可能です。

鉄筋の干渉チェック
複雑な形状の確認
任意の位置の図面取得
集計表の最適化
ネット環境によるクラウド型共有
バーチャル空間との融合も可能

3次元化のサポートサービス

データアシストでは従来の測量に加え、3次元化を活用し工程全体をトータルにサポートします。
導入に至る為の専用閲覧ソフト(無償)の案内や操作方法の説明、必要に応じて編集用ソフトのご紹介も可能です。
操作感を体感して頂く為に、無償のサンプルもご用意しておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。